2014年07月25日

トークイベント「仕事をしながら音楽を続けること」について

こんばんは、店長の横尾です。

先日ブログに掲載した「仕事をしながら音楽を続けること」について
たくさんの反応をいただき、うれしかったです!
ありがとうございます!

「参加したい!」「お話を聞きたい!」という
積極的なご意見はなかなかいただけなかったのですが、
このことについていろいろ考えたり、出演者交渉をしていく中で
個人的に話をすごーーーーーく聞いてみたくなってしまったので、
「仕事をしながら音楽を続けること」について
のトークイベントを開催したいと思います(笑)

参加対象等を明確に定めているわけではないのですが
仕事に就こうとは決めている、もしくはもうすでに働いている方で、
近い将来や現在のバンド活動、個人での音楽活動の悩みについて
お話ししたり、相談を受けたりしたいなと思ってます。
出演者も一般のお仕事をしつつ、音楽を続けている方々ですので、
同じようなことで悩んでいる人たちの不安や
現実的な活動スタンス等についてお話できるのではと考えております。

ということで、「話を聞いてみたい」「相談したい」を思う方がいましたら、
TwitterかスタジオのWEBサイトの問合せフォームからご連絡ください!

「velvet room studio twitter」
http://twitter.com/velvetroomstarr
「お問い合わせフォーム」
https://www.velvetroomstudio.com/contact.html

■日時:2014年8月24日(日) 開場/12:00 開演/12:30(1時間半ほど予定しております)
■場所:相模原velvet room studio内Northernスタジオ / https://www.velvetroomstudio.com
■出演者:
 池脇 嘉一さん(ドラム講師) https://www.youtube.com/user/ikewakidrum
 川上 裕さん(wearerギター・ヴォーカル) http://www.wearer.jp
8/15追加↓
 まいようすけさん(相模原在住シンガーソングライター) http://www.maiyosuke.com
 横尾 一成(velvet room studio店長)
■参加費:無料(別途ドリンク代500円)
■定員:20名程度

□出演者プロフィール
池脇 嘉一
1980.11.25生まれ。保育士&ドラム講師。
【好きな事を仕事にする】と決意をし、企業の内定を蹴り就職浪人。
2004年に相模原市橋本にある楽器店アフタービートからのオファーにより
ドラム講師となる。同年12月に保育園で働きはじめる。
好きな言葉は【ガンガンいこーぜ!】
射手座でA型です。


川上 裕 a.k.a. YK
 ロック・バンド"wearer"のギター・ヴォーカルであり、
ほぼ全ての楽曲を手がけるソング・ライター。
バンドにおいては、小西康陽、ヒダカトオル、DE DE MOUSE、坂本美雨、
やけのはら等と共演、ジャンルやシーンを越えた活動が話題を呼ぶ。
2014年には、小林幸子が出演したことで大きな話題を呼んだ
Shimokitazawa SOUND CRUISINGに出演。
一方、ソロでは弾き語りやDJなど、呼んでいただければどこにでも
馳せ参じる精神で、縦横無尽に活動中。


まいようすけ
 1989.3.6 / AB / 神奈川県相模原市出身
高校3年生の春、少ないオリジナル曲でライブハウスに一人で出演し始める。
その年、31年振りに開催された「吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋」
に参加。名曲の嵐に青春時代を照らし合わせて涙する大人達を見て、
フォークソングを歌い続ける事を決意する。
2009年3月、初めての音源「僕が大人になる前に」を、
2010年の春、シングル「ぬくもり」を自主制作で発売。
2013年4月、個人レーベル「YOJYOHAN LABEL」を立ち上げ、
レーベル第一弾作品として2013年秋に実に5年ぶりのアルバムを発売した。
posted by VRS at 15:09| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

「仕事をしながら音楽を続けること」についての試み

こんばんは、店長の横尾です。

最近スタジオのお客さまから大学卒業後のバンド活動の相談を受けるのですが
仕事中でなかなかちゃんと相談に乗れてなかったりします。

で、いまさっきドラム講師の池脇さんとスタジオでお話していたのですが、
池脇さんは普段保育士としてお仕事をしながらドラムを教えていたり、
音楽活動されていたりするので、普通のお仕事をしながら音楽を続ける
スタンスを決めた経緯についてお話を伺ってたいへん興味深かったです。
私も大学を卒業してから一般企業で仕事をしながらバンドを
やっていた時期もあったので、その時期にたくさん悩んだりもしましたが、
働きながらの音楽活動はできなくはないと思ってます。

なので、仕事に就こうとは決めている上で、近い将来のバンド活動や
個人での音楽活動について悩んでいる人たちとお話ししたり、
相談を受けたりはできなくはないかなと思ってます。
特にうちのスタジオがオープンした時、高校生だったお客さまたちが
大学3年になり、自分の将来について悩み始めている時期だったりで、
すごく身近に感じている問題だったりします。
そのため、池脇さんを始め、一般のお仕事をしつつ、音楽を続けている
もしくは続けていた知り合いに声をかけて、そのうちの何人かを呼んで、
お話を聞く機会をつくったら、同じようなことで悩んでいる人たちの不安が
少し軽くなったり、将来のビジョンが見えるキッカケにならないかな
との考えに至りました。

ということで、
「仕事をしながら音楽を続けること」について話を聞く集まりを
ある程度の人数が集まりそうならぜひ開催したいと思っております

ので、「話を聞いてみたい」「相談したい」を思う方がいましたら、
TwitterかスタジオのWEBサイトの問合せフォームから
ご連絡いただけませんでしょうか?
いまのところ池脇さんのスケジュールの都合上、8月のどこかの日曜日で
考えております。興味があればぜひご連絡ください。
また、当日お招きするゲストの方の交通費等をお支払いするため
1,000円程度いただくかもしれません。
なお、不明点やこういったことも聞きたいといったリクエストも
ぜひお知らせください。よろしくお願い致します。

「velvet room studio twitter」
http://twitter.com/velvetroomstarr
「お問い合わせフォーム」
https://www.velvetroomstudio.com/contact.html
posted by VRS at 12:29| Comment(0) | 提案提示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする